HOME

 東京の街のあちこちではためくのぼり
ひらひらと風に舞うのぼりを見るとなんだかお祭り気分を感じてしまうのは
私だけでしょうか。

オリジナルのぼり旗

あのひらひらとした動きやカラフルな色使いはなぜか心をワクワクさせてくれます。
テレビでも相撲中継などで、力士の名前を書いたのぼりがひらめくのを見ると
なんだか熱い気持ちになってしまいます。

相撲に限らず、サッカーや野球など、スポーツ観戦の場にも
のぼり旗はベースに立てて設置してあり、たくさん東京の空にはためいています。

のぼり旗が最速2営業日【京都のれん株式会社】10枚以上高品質、
激安印刷作成がおすすめです。

そんなのぼりですが、お店の案内やセールの案内。
販促ツールとして東京の街中で一般的に使われています。

普段そんなに気に留めていなくても、ちょっと気にかけてみると
セールや大安売りと書かれたのぼりを沢山目にすることができるでしょう。
こうした風景はすっかり見慣れたものではないでしょうか。
もう、のぼりがあるのは当たり前になりすぎているかもしれません。

販促ツール

スポーツ応援など、すっかり東京の日常になじんだのぼりのあれこれをまとめてみました。
知っているとちょっと面白い、ちょっと役に立つのぼりの豆知識です。

のぼりを手にすることがない方でも雑学として知っているとちょっと
面白いことをまとめてみました。

のぼりを今までよりも身近に感じていただけると思います。
自分も活用してみたいなと…

これからのぼりを注文しようと思っている方にもぜひ読んで欲しいです。
のぼりの使い方。のぼりの注文の仕方。
のぼりの効果的な見せ方。
新しい発見があると思います。

東京って多くの看板やのぼりの販促ツールを目にします。
あれだけ溢れる中で、目立たないといけない。
それには、どんなことが効果的なのかを考えていきましょう。

 

日本ののぼり旗の起源は魏志倭人伝に記述あり!?邪馬台国・卑弥呼に贈られた「戦うための旗」

日本に布を使った旗が伝来したのは卑弥呼の時代だとされています。

魏志倭人伝に、魏の国が邪馬台国の卑弥呼に旗を贈ったとされており、戦うための旗という位置づけです。
日本では平安時代に敵味方を識別するためにのぼり旗が使用されたのが始まりとされていますが、中国では古くから戦のための混乱を収め秩序を保つための手段として旗が使われて使用されていたようです。

旗の形も当初、日本で使用されていたのは流れ旗といって棒の先に旗を掲げたものが中心でしたが、それでは戦のさなかに識別ができないということから、次第に変化し、戦国時代には竿の先に一本の横棒を添えたドラマでよく見るようなのぼり旗へと変化していきました。

のぼり旗という名称も横棒を最も神聖とし、そこに近づく、つまり昇るという意味が込められているともいわれています。
相手方との識別を目的にするのぼり旗には家紋が用いられることが多く、その家独自の特徴的な色を使用することが多かったようです。

やがて戦がなくなったことでのぼり旗の役割も変化します。従来の敵と見方を識別するためのものから、遠くからでも目に付きやすく多くの人に存在を知らせる宣伝を目的としたものになります。

識別機能を担う本来の役目はそのままに、使用される環境が変化したということです。
それではどんなのぼり旗が効果的なのかというと、まず遠くから見てもわかりやすく伝わる文字数であることです。
あまり文字数が多いと何が書いてあるのかわかりにくいです。文字と背景の色の組み合わせを考え、見た人がイメージしやすく季節感があることも大切です。

また、置き場所を考えたり、掲げる時間帯なども考えて、どうしたらより宣伝効果を高くなるかを工夫することがとても重要です。

 

ホーム  のぼりの起源  ポンジー  防炎の加工をされたのぼり  のぼり旗長く使うには四方縫製  一言「らーめん」と書かれた のぼり  格安のぼり旗をオーダー  のぼり旗で最安値  敵味方を 区別する目印  のぼり旗は許可が必要   工夫してのぼり旗を掲げる   折りしわがついてしまう    のぼり旗を目立たせるために    交通事故防止    イラストを取り入れる   アイキャッチとしてのぼり旗    アピール  コストパフォーマンスの 良い商品  スポンサー  sitemap